読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローカルでサクッとphpmyadmin込のLAMP環境

phpmyadmin込のLAMP環境を気軽に作りたいなと思ったので勉強のためdocker-composeで作ってみた。

【前提条件】

docker-composeとdockerが使えることが前提になるので
各コマンドがconsoleから使えない場合はDocker for macもしくはDocker for WindowsをインストールすればOK。
■公式が提供しているインストール方法はこちら

【手順】

1.リポジトリをclone

$ git clone https://github.com/sunecosuri/lamp-docker.git

2.ディレクトリを移動

$ cd lamp-docker

3.PHPのバージョン設定
以下のURLに記載されているタグを基に使用したいphpのバージョンを指定する。
(リポジトリのソースの初期設定は7.1.0)

docker-hubで提供しているコンテナ一覧
※公式のリポジトリ以外で提供しているコンテナ以外は検証できていないため動作の保障ができかねます。

例)7.1.0→5.6に変更したい場合
「FROM php:7.1.0-apache」→「FROM php:5-apache

4.phpの設定
/php/php.iniを適宜編集する。
今回はこのまま実行するので割愛します。

5.mysqlの設定
/mysql/my.cnfを適宜編集する。
今回はこのまま実行するので割愛します。

6.ポートフォワーディングの設定
docker-compose.override.ymlを編集する
ホスト:コンテナとなっているので適宜編集する。

mysql:
  ports:
    - "3300:3306"
php:
  ports:
    - "80:80"
phpmyadmin:
  ports:
    - "8080:80"

7.ビルドして立ち上げる

$ docker-compose up -d

8.Webサーバの接続確認
『http://{ホストのIPアドレス}』にアクセスして
phpinfoが表示されればOK。
f:id:sunecosuri_san:20170123133808p:plain

9.phpmyadminの接続確認
『http://{ホストのIPアドレス}:8080』にアクセスして
phpmyadminが表示されればOK。
f:id:sunecosuri_san:20170123133827p:plain
補足
コンテナを停止させたいとき

$ docker-compose stop

まとめ

以下の3つのコマンドで環境が作れます。
1.$ git clone https://github.com/sunecosuri/lamp-docker.git
2.$ cd lamp-docker
3.$ docker-compose up -d

終了したいときは以下のコマンドで終了できます。

$ cd lamp-docker
$ docker-compose stop

上記のDocker環境はGitHubにも公開してみた。
https://github.com/sunecosuri/lamp-docker

各設定ファイルについてはdockerイメージを削除してリビルドかけると反映します。
今後はバージョン切り替えも込みでXAMPPとかMAMPよりカジュアルに使えるようにしていければなという気持ちです。